ベビーシッターは、子供の世話をする仕事です。

現在都市部を中心に需要が高まっています。



ベビーシッターになるには、特別な資格は必要ありません。
派遣会社の面接を受けて、面接に通れば採用されます。


民間の資格があり、それを受講して終了すれば、ベビーシッターになる時に、さらに有利になります。



資格のない方の場合は、他のスキルがあれば、有利になることがあります。

例えば、ピアノを弾くことができたら、採用の時にプラスになります。


自分が採用された家の子供に、ピアノを聞かせてあげられるからです。


音楽を聴くのは情操教育になるので、ピアノを弾ける人は、歓迎されます。

ピアノ以外では、英会話のスキルも歓迎されることがあります。

本格的な英語を教える必要はありません。


それでも、自分が世話をしている間に簡単な会話を教えられたら、何もできない人に差を付けられます。自分の持っているスキルは、面接の時にしっかり伝えましょう。伝えることで、採用の時に考慮されるようになります。

自分のスキルを生かした仕事をしながら、ベビーシッターの仕事もするのは、現実的な方法です。この仕事は全国的に需要があるとは言えません。
ベビーシッターに、ずっと子供を預ける人の数は少ないです。



長期間預けるときには、保育園を利用します。
地方だったら需要も少なく、報酬も高くないことがあるので、他の仕事と並行して続けると、無理がありません。

ただし将来的には、もっと需要が高まることが予想されています。