ベビーシッターは、子供の世話をする仕事です。ベビーシッターに特別な年齢制限があるわけではありません。



40代以上の方でも、ベビーシッターになれる場合があります。
この仕事をする人を派遣する会社は50歳前後までの人を受け付けている方が多いです。



ですから、50代前半の方だったら、この仕事をできる可能性はあります。

多くの仕事は、年齢が若い方が有利になります。

年齢を重ねた方にくらべて、体力があるからです。

確かに体力は働くうえで重要な要素ですが、この仕事はそれだけでは不十分です。

人間を相手にする仕事なので、心理的な面も重視されます。

年齢を重ねた方だったら、いろいろな人に接した経験があるので、若い人にくらべて、人の心の状態は理解度が深いです。
また自分が子育てをした経験を生かすことがあります。

若い時に、保育士や小学校の先生をした経験のある方だったら、さらに有利になります。

子供の心理に精通していると見なされて、採用の時に確実にプラスになります。

ただし、マイナスの面もあることを頭の中に入れておきましょう。


子供は元気なので、体力がないとこの仕事は難しいです。元気でいつでも走り回っているような男の子を相手にする時は、特に体力が必要になります。
年齢を重ねた方だったら、資格を取得してこの仕事を始めることもできます。



資格の取得の仕方にはいくつかの方法がありますが、通信教育がお勧めです。

通信だったら、自分のペースで勉強できます。